最低限の準備

トラック

人間関係への配慮

新生活のスタートとなる引越しですが、最低限必要なやることと出来ればやっておいた方が良いことが幾つかあります。まず引越し荷物を運ぶ準備として、引越し業者の選定と必要な物と不用品の仕分け、運ぶ荷物量の把握や不用品の処理が挙げられます。これは、引越し先への入居日に合わせて逆算し準備を進めていく事が必要となりますが、それにプラス電気やガスなどのライフラインの住所変更の手続きも、同時にやることが必要です。荷物を運ぶ作業はレンタカーを借りて自分でやることも可能ですが、荷物や建物の破損のリスクや高層階の場合の運ぶ労力を考慮すると、引越し業者への依頼が無難です。荷物やライフライン以外にやることは、今までも住まいの掃除や修復箇所への対応がありますが、修復箇所の対応は入居時の敷金で大家が行うと言うのが一般的となります。引越しに重要な要素として近隣との人間関係がありますが、最初が肝心と言うように引越しの挨拶や、挨拶時に持参する手土産の準備も重要です。最近は特に集合住宅などでは、隣の住人さえ顔を合わせたことが無いというケースも少なくありませんが、円滑な人間関係の構築には気を配っておくに越したことはありません。手土産となる物は効果である必要は無く、普段使い出来るようなタオルなどの生活雑貨が無難と言えます。知人や友人などに引越しを手伝ってもらった際にも、今後の交友関係にひびが入らないようフォローしておいた方が良いでしょう。

Copyright© 2019 引越しを安くするコツ!費用で損しないためにやること All Rights Reserved.